序章

世界の包装業界は、ビジネスニーズの変化とともに進化しています。紙管は、ほとんどの業界で好ましい包装材料になっています。それらは、環境に優しく、軽量で、費用効果の高いパッケージの代替品です。それらは簡単に廃棄してリサイクルすることができます。

紙管包装は使い捨てですか?

包装廃棄物は世界的にますます懸念されています。それらは埋め立て地にとどまるか、海底に到達し、環境と海洋生態系にかなりの損害を与えます。紙管は、簡単にリサイクルできる環境に優しいパッケージの代替品です。それらは毒性がなく、プラスチックやその他の非グリーン廃棄物のように環境に影響を与えません。紙管や段ボールのリサイクル率はプラスチックに比べて高くなっています。再生紙管は、エネルギー要件がはるかに低い新しい紙管の製造に使用できるため、環境にメリットがあります。

紙管包装を安全に処分する方法は?

紙管包装はリサイクル可能です。ただし、適切に処分しないと、埋め立て処分される可能性があります。一部の埋め立て地では、リサイクル可能な材料をろ過して除去し、リサイクル施設に送ることができます。ただし、ほとんどの場合、そうはならず、リサイクル可能な材料でさえ埋め立て地に残っているため、すぐに埋め立てられます。これは、環境に優しく持続可能な包装をするという目的を打ち破ります。紙管を再利用して保管できます。あなたが創造的であるならば、あなたは装飾目的のために紙管を使うことができます。これにより、その有用性が高まり、包装廃棄物としてすぐに廃棄する必要性が減ります。

紙管のパッケージを処分する最良の方法は、最寄りのリサイクルセンターに送ることです。リサイクル施設で回収するために、最寄りの回収場所に置いてください。これらの紙管は、リサイクル施設で工業用シュレッダーを使用して細かく砕かれます。これらの細断された部分は、新しい紙管やその他の製品を製造するための原材料にさらに加工することができます。

紙管包装を処分する利点

埋め立て地は包装廃棄物でいっぱいになっています。包装廃棄物をグローバルに管理することは大きな課題となっています。あなたは注意して、責任を持って包装廃棄物を処分する必要があります。紙管包装を処分することは、埋め立て地で終わる廃棄物を減らすのに役立ちます。それらはリサイクルして、新しい紙管の製造に使用できます。リサイクルされた廃棄物から紙管を作ることは、はるかに低いエネルギーを必要とし、したがって温室効果ガスの排出を大幅に削減します。紙管は、プラスチックに比べて二酸化炭素排出量が少なくなっています。リサイクル廃棄物を製造に使用すると、二酸化炭素排出量がさらに削減され、環境にやさしくなります。

ja日本語